アラフォーママの仕事で知り得た建築と不動産知識!!

建築設計に携わって4年目にお家騒動勃発!急遽不動産業へ飛び込み気が付けば12年経過!その時知り得た情報を発信!ただし私の勝手な観点からですのであくまでご参考に!

自分に合った無理のない住宅ローンプランとは‼️


f:id:nina88217:20191002230350j:image

住宅ローンを使う時

無理のない返済額で

行ってますか?

 

現在年収が高いからといって

ボーナスが出る前提で

ローンを組んでいませんか?

 

長い人生でずっと年収が上がっていくとは

限りません。

会社がいつまでもあるとも

限りません。

そんな時のことも考えつつ

ローンを組みましょう。

 

年収800万円あった人が

会社が傾き再就職先では

400万になってしまったと

いう話も少なくありません。

 

そんな時もボーナスをあてにしない

ローンの組み方をしていれば

少なくとも家を出ることはないでしょう。

 

 

住宅ローン設定ポイント

月々いくらなら支払い可能か?

例えば

じぶん銀行35年固定金利1.247%の場合2019年10月現在)

 

月々60,000円 → 2,040万円借入可能 

月々70,000円 → 2,380万円借入可能

月々80,000円 → 2,720万円借入可能

月々90,000円 → 3,060万円借入可能

月々100,000円 → 3,400万円借入可能

 

必要年収は?

2,040万円借入 → 約300万円

2,380万円借入 → 約350万円

2,720万円借入 → 約400万円

3,060万円借入 → 約450万円

3,400万円借入 → 約500万円

 

支払い可能金額と必要年収

自己資金を照らし合わせて

物件を検討すると良いと思います。

 

ただし、住宅ローンを組む前に

クレジットやスマホ分割等借入があると

記載の金額までは借り入れが

不可能となる可能性もあります。

 

住宅ローンの銀行金利は様々、選び方で借入金額も変わる!

今回事例で出した

じぶん銀行

固定金利で算出しましたが

変動金利でいえば年0.457%

同じ60,000円の支払いで

2,320万円の借入が可能となります。

じぶん銀行の特徴としては

・がん50%保証団信保険料 0円

・一般団信保険料     0円

・保証料         0円

収入印紙代       0円

・一部繰上返済手数料   0円

・返済口座への資金移動  0円

通常諸費用として掛かる費用が0円!!

ただし事務手数料は高めです!!

登記費用は別途かかります。

住宅ローンシミュレーター | 住宅ローン | じぶん銀行

 

各銀行でも住宅ローンの金利

諸費用のサービスなども

多種多様にあるので

ある程度自分で調べておくと

お得に住宅ローンを組むことが可能に!! 

 

 

まとめ

消費税は上がってしまったものの

現在住宅ローン金利

各社変動金利1%を切っています。

住宅ローン控除拡充や税制優遇で現在買う

タイミングの人には悪くない時期だと思います。

 

ただ注意してもらいたいのは

いくらたくさんの借入れが可能だとしても

長い目でみて無理がないか?
多少収入に変動があっても大丈夫か?

そこだけは落ち着いて

検討して将来お荷物にならない

住宅購入をしてもらいたいと思います。

 

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

 

応援お願いします。

  ↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村