アラフォーママの仕事で知り得た建築と不動産知識!!

建築設計に携わって4年目にお家騒動勃発!急遽不動産業へ飛び込み気が付けば12年経過!その時知り得た情報を発信!ただし私の勝手な観点からですのであくまでご参考に!

台風被害で火災保険の大切さを改めて知る!!

f:id:nina88217:20191019155233j:image

台風21号がまた発生し

被災した方々の不安な日々を

考えると心が痛みます。

 

先日テレビで興味深いことが

報道されていました。

昨年台風被害で流された家の後

新築は立て直しを行っていましたが

既存の家は今後の見通しが

立っていないとか。

 

 

家の建て替えができる家とできない家の違い

それは火災保険に入っていたか?

入っていなかったか?

住宅ローンを組む際は

基本的に火災保険に入ります。

建物の価値で算出され

35年で組んだ場合

一括で払っている場合が

多いかと思われます。

それに対して

住宅ローンを完済してしまった住宅は

火災保険の期間も終了し

その後入らない家も

少なくないとか。

そもそも 火災保険とは

火災保険とは、火災をはじめ

さまざまな災害から

日常生活の思いもよらない損害まで

大切な建物・家財を

幅広く補償する保険。
名称から火災だけが補償の対象と

なるような印象を受けますが

実際には、落雷・風災・水漏れや

盗難契約者の家族が

起こしてしまった事故など

さまざまな損害に

ついても備えることが可能。

ポイント1. 建物と家財は別々 

 もしものとき建物だけの

火災保険では、家財は補償されません。

家財についても、別途契約を

考えた方がベスト。

 ポイント2. 火災保険だけでは、地震等による損害は補償されません!

地震を原因とする火災や噴火

津波による損害は

火災保険では補償されません。

地震による災害に備えるには、

火災保険とセットで地震保険

契約をした方が安心。

ポイント3. 長期の保険期間の設定(長期一括払)は、保険料が割安 

火災保険は1年契約を

毎年更新してご契約されるよりも

長期の保険期間を設定して

一括払した方が保険料は

割安の場合があります。

無駄に保険を組まないための相談窓口

住宅ローンを組んでいると

諸費用の中でローンを含めて

組んでいることもあるので

良く現在入っている保険内容の

確認をしましょう。

 

保険の相談窓口は大型店舗に行くと

入っている場合があります。

それを利用するのもよし

またはネットで予約して

自分の都合の良い時間に

自宅へ来て相談に乗ってくれる

場合もあります。

どちらにしても無料で

必要以上の勧誘はないので

自然災害に備えて

相談してみると良いかもしれません。

私も過去に利用してみて

無駄な保険を組まずに済みました。

 

 まとめ

ローン完済後も火災保険に入るのが大事

毎年増えている自然災害!!

もう他人事ではありません。

山も海もない埼玉県草加市

住んでいますが

川が氾濫すれば家が

流されるかもしれない。

竜巻で家が

飛ばされるかもしれない。

地震はいつ起こっても

おかしくない。

もしものために

今後は火災保険、地震保険には

入っておいた方が良さそうです。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

今日という日があなたにとって

充実した一日でありますように!!

 

 

ブログランキング

参加しています。

良かったらポチっと

応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村